女性側の両親に結婚を反対されて破局してしまった場合の復縁行動とは

MENU

女性側の両親に結婚を反対されて破局してしまった場合の復縁行動とは

結婚を約束する程の仲の良いカップルが破局してしまう理由の一つとして、「両親の反対」があります。
結婚は二人だけの問題ではなく、お互いの家も切っては離せないもの、両親の存在が大きく関わるのは当然のことですね。
特に嫁という立場で他家に嫁がせる女性側の両親の猛烈な反対により、両家の仲が険悪になってしまった末に泣く泣く破局してしまう、というケースもあります。
一度両親の反対にあい、別れてしまったカップルが復縁する為には、どのような方法を取れば良いのでしょうか。

 

 

男性の経済力が問題の場合

自分の娘を嫁がせることに両親が反対する最も多い理由は、「男性の経済力に不満」ということです。
男性の収入が少なかったり、中には定職に就いていないという状態の人もいます。
社会人として、このような状況の場合には「結婚話」を進めるというのはお勧めできません。

 

まずは両親に反対されたら、何とか説得しようとするよりはその場は一度白紙に戻す形をとりましょう。
説得するにしても時間がかかります、同じ時間をかけるならば、男性はその間仕事に専念して実績を積むようにした方が賢いと言えます。
一年程経っ実績を積んだところで会社の名刺などを持って再度両親を説得した方が良いでしょう。
仕事で何をしているか、収入はどれくらいか、将来的に女性とどのような結婚生活を送っていきたいか、きっちりと説明できるようになってから再チャレンジするのがベストです。

 

 

学歴や家柄が良くない場合

最近は女性でも高学歴の人が多くなっています。
それに対して男性が高卒だったり有名ではない大学卒であったりすると、女性の両親はあまり良い顔をしないものです。
現在では男性の家柄についてまであまり口出しをする親は少なくなっていますが、それでも男性の両親が高卒で労働系の仕事をしていたり、自営業をしている場合には色々と難癖をつける女性の両親もいることは確かです。
この場合には、どれだけ男性自身に可能性があるかが重要になります。
少なくとも男性は、将来的に一戸建て或いはマンションなどを構える覚悟を持つことが必要です。
両親に自分たちのライフプランをきちんと説明して、女性が安心して幸せに生活ができることを伝えるように努力しましょう。
両親は娘の結婚式を盛大にしたいと思っているのですが、披露宴に招待するゲストの落差を心配していることもあります。
見栄を張らずに海外で挙式をするなどの策も考えておきましょう。

 

 

年齢差で反対される場合

男女の年齢差が大きいと、それだけで心配になり反対されることもあります。
これは男女どちらが年上でも年下でも同じこと、親としては子供の幸せを思えばこそ反対するものだと思いましょう。
残念ながら年齢差は努力では埋めることはできません。
この場合には長い時間が必要となります。
二人の経済的事情に何ら問題がない場合には、入籍をせずに事実婚として一緒に暮らし、両氏に認められるまで我慢するという方法があります。
入籍していないことで女性は精神的に苦痛を感じることもありますが、男性がしっかりと支える覚悟をしましょう。
子供が生まれてしまうと両親の態度も軟化する可能性もあります。
この段階になると、女性側から早く籍を入れるようにと催促してくるようになることも多いのです。

 

 

おわりに

一度は白紙に戻したものの、どうしても諦めずに復縁を迫る・・その気迫で許してもらえることもあります。
幸い現代のIT社会では、会わなくても連絡を取ることは可能ですので、両親に知られずに復縁計画を進めることも十分に可能なのです。
二人が愛し合っているのならば必ず復縁のチャンスはあります、諦めずに努力を続けましょう。