顔にコンプレックスを抱える女性がモテない本当の理由とは?

MENU

「私は美人じゃないからどうせ男には縁がないもの」と言い、ずっと非モテを貫いていても彼氏なんてできっこありません。世の中には美人不美人がありますが、恋愛に縁が無いのは実は顔だけのせいではない場合が多いのです。

 

自分の思い込みで恋愛の楽しさから自分を遠ざけてしまっては、本当に改善しなければいけない部分はそのままで、永遠にモテ期は訪れません。

 

そこで、顔面コンプレックスのせいでモテないと思い込んでいる女性がモテない本当の理由をご紹介しますので、参考にして下さいね♪

 

 

顔面にコンプレックスを抱える女性がモテない本当の理由とは?

・心から笑っていないとも見える、緊張した笑い方

顔面コンプレックスを抱えている女性というのは、自分自身に自信が足りないので、本当は自分の顔を世間にさらすことすら嫌だと感じている人も多く、特に男性と面と向かって顔を合わせると「どうせ私のことブサイクと思ってる」と勝手に思い込んでしまい、笑おうとしてもぎこちなくなったり、笑うどころかブスッとした態度しか取れない女性もいます。

 

ブスッとした美人より、顔に多少難のある女性でも、笑った顔が輝いている人の方を男性は好きになります。

 

外見ばかりに気を取られていては、笑い顔さえかえってぎこちないものに変えてしまいますので、外見もですが内面を磨いて自分に自信をつけておくと、自然な笑顔を作ることができます。

 

 

・作りこみすぎたメイクで周囲はドン引き

以前はヤマンバギャルなどが流行りまたが、彼女達はモテようとしてメイクをしているわけではなく、ある意味外見で寄って来る男性を防御している感がありました。

 

ところが最近では、カラコンやつけまつ毛の重ね付けなどで、まるでアニメから抜け出したかのような「私はブスじゃない、むしろカワイイ」という呪文を自分にかけるために、メイクに毎日2時間かけ作りこんでからでないと外出できないなど、過剰にメイクで武装しないと怖いなど、メイク依存症とも取れる女性が多発しています。

 

確かにコンプレックスを隠し、キレイになるためのメイクは必要ですが、何事もやりすぎるとあだとなって跳ね返ってきます。それでなくても男性はナチュラルな物が大好きなので、作りこまれすぎた女性にはドン引きします。

 

 

・どうせ何をしてもムダと女を放棄

美人には何をしてもかなわない。そう言って女としての最低限の身だしなみを放棄し、普通の人ならコンビニまでしか行けない格好で飲み会に現れたり、どこに行くのもキティーちゃんサンダル、どこにでも座り込んで大声で話す、他人に配慮することができないなど、精神的に幼稚なままで誰かに受け入れてもらおうとしても、話になりません。

 

女性としての身だしなみはもちろん、友達や男性に対しての気遣いや配慮ができる女性はやはりモテます。

 

 

まとめ

顔がいいから連れて歩く分にはもってこいだよな?などと言う失礼な男性も世の中にはいますので、顔さえよければモテるという訳ではありません。

 

コンプレックスで自分の人生の足を引っ張るのではく、顔で負けてるのなら内面や女性らしさを磨くことで、顔の良さを売りにしている女性を見返しましょう♪